シジミで元気を手に入れよう

シジミエキスのメリットとデメリット

シジミエキスって何?

シジミエキスとは、シジミを煮込んでその煮汁を抽出したものです。 カプセルタイプや液体タイプ、粉末タイプなどがあり健康補助食品として販売されています。

シジミエキスのメリット

調理が不要でいつでも手軽に摂取可能

シジミは、豊富な栄養素が含まれている食材として有名です。 オルニチン、タウリン、必須アミノ酸、ビタミンB群、亜鉛、鉄分、カルシウムなど体内に必要な栄養素が豊富に含まれています。

シジミエキスは、シジミの煮汁を抽出したものですから、シジミに含まれている栄養素が含まれていると考えてよいです。 シジミは、調理の手間がかかるという点が大きなデメリットです。

生のシジミを調理する場合には、砂抜きだけでも3~4時間かかりますから、手間がかかります。 その点、シジミエキスは調理の必要がありませんから、時間をかけずに手軽にシジミの栄養素だけを摂取したい人には、シジミエキスがおススメです。

様々なタイプがあるから使い勝手が良い

シジミエキスは、液体タイプ、カプセル・錠剤タイプ、粉末タイプなどがありますから、自分に合った形状のシジミエキスを選ぶことができます。 また、炊き込みご飯や、味噌汁などにシジミエキスを加えるという料理の調味料的な使い方もできます。

このように使い勝手が良い点がシジミエキスのメリットであると言えます。 また、生のシジミを持ち運ぶことはできませんが、シジミエキスなら持ち運びができるので、時と場所を選ばずにシジミエキスを摂取できるというのも大きなメリットですね。

シジミエキスのデメリット

健康補助食品のデメリットと言えば、副作用ですが基本的にはシジミエキスに副作用の心配はありません。 鉄分の過剰摂取による体調不良があると言われていますが、これはあくまでも過剰摂取した場合ですから、製品に書かれている摂取目安量を守っていればそれほど注意することはありません。

ただし、既に肝臓病を発症している人はシジミエキスを過剰摂取することで症状を悪化させる危険性がありますのでその点は注意が必要です。

シジミエキスの選び方

市場には、多くのシジミエキスが販売されています。 中には良いものもあれば、悪いものもありますので注意が必要です。

シジミエキスの選び方のポイントとは、以下を参考にしてください。

原料に使われているシジミの種類は国内産か海外産か

原料に使われているシジミの種類、原産地をチェックしましょう。 国内産のシジミはほとんどがヤマトシジミです。 外国産のシジミは、タイワンシジミが多いですね。

基本的には国内産のシジミの方が、安全性が高く、栄養素が多いというイメージがありますが、海外産のものでも良いものはありますから、国内産は良くて海外産は悪いとは言えません。 しっかりと原産地が表記されているかどうかはチェックするようにしましょう。

有効成分をチェックする

有効成分をチェックすることも重要です。 しっかりとシジミエキスの成分が配合されているかどうか確認します。 また、純粋にシジミエキスだけのものもありますし、例えば、シジミエキスとカキエキスを配合したものなどもあります。

肝機能の改善を目的としてシジミエキスを摂取するならば、オルニチンやタウリンの量が多いものを選ぶと良いでしょう。 貧血防止を目的としてシジミエキスを摂取するならば、鉄分やビタミンB12が多く配合されているものを選ぶと良いです。

シジミエキスの有効成分は、自分の目的にマッチしたシジミエキスを選ぶための基準になります。

まとめ

シジミエキスは、シジミに含まれている栄養素を手軽に摂取できる優れた健康補助食品です。 簡単にしじみの栄養素を摂ることができ、形状も様々で自分の続けやすいタイプを選べるのがメリットです。

製品の目安量を守れば、過剰摂取による副作用の心配もありません。シジミエキスを選ぶ際にはしじみの原産国や有効成分の量を確認しましょう。

page top